• 印刷する

テイクオフ:「もう王子とは呼ばせな…

「もう王子とは呼ばせない」――。どこぞの国の王子の言葉かと思われるだろうが、発言の主は台湾で新たに発足したエアライン「星宇航空」の張国イ董事長である。ハムレットの中国語タイトルをもじって地元メディアが名付けた「王子の復讐(ふくしゅう)」というキャッチコピーについて感想を求められ、こう答えた。

長栄航空の創業者を父に持ち、幼少期から空に親しんできた張氏。お家騒動で長栄航空を追われてからは自動車業への転身なども考えたが、ハムレットよろしく悩んだ末に、古巣の航空業で再起を図ることを決めたという。

「もう自分の会社を持ったんだから、これからはキングと呼んで」と話すが、メディアが付けた新たな愛称は「K董」。キングのKではなく、名前のウェード式発音の頭文字だ。航空王への道のりは始まったばかり。裸の王様にならないためにも、今後の言動に注目が集まる。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、4Qは10%増収へ 通年は下方修正、仮想通貨向け縮小(10/19)

メモリー宜鼎、傘下4社とAIoT連盟(10/19)

米中摩擦の影響、車市場は「最後」=裕隆日産(10/19)

シャープ、プラズマ空気清浄機をMRTに設置(10/19)

繊維の福懋興業、漁網の再生繊維を米出荷へ(10/19)

ECの網家、19年3Qに台北で無人店舗(10/19)

OKマート、セルフ調理器「OKクック」導入(10/19)

海外資本の商用不動産投資、今年はゼロ(10/19)

台北の店舗用物件、地上1階以外の需要拡大(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン