テイクオフ:「もう王子とは呼ばせな…

「もう王子とは呼ばせない」――。どこぞの国の王子の言葉かと思われるだろうが、発言の主は台湾で新たに発足したエアライン「星宇航空」の張国イ董事長である。ハムレットの中国語タイトルをもじって地元メディアが名付けた「王子の復讐(ふくしゅう)」というキャッチコピーについて感想を求められ、こう答えた。

長栄航空の創業者を父に持ち、幼少期から空に親しんできた張氏。お家騒動で長栄航空を追われてからは自動車業への転身なども考えたが、ハムレットよろしく悩んだ末に、古巣の航空業で再起を図ることを決めたという。

「もう自分の会社を持ったんだから、これからはキングと呼んで」と話すが、メディアが付けた新たな愛称は「K董」。キングのKではなく、名前のウェード式発音の頭文字だ。航空王への道のりは始まったばかり。裸の王様にならないためにも、今後の言動に注目が集まる。(佳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ストローがないなら、ス…(06/20)

東電PGが再生可能エネ支援 成功大と提携、モデル区開発に参画(06/20)

山村硝子、砂輪と合弁でレンズ生産(06/20)

17年の受動部品輸出額、03年以来最高(06/20)

京東方が駆動ICを現地調達か、台湾企業に打撃(06/20)

iPhone新モデル、サプライヤー3Q以降好況も(06/20)

台湾ゴム材メーカー、印西部に工場設置計画(06/20)

金仁宝集団董事長、「グループ成長率20%も」(06/20)

飲料用包装各社、夏季需要に備え生産拡大(06/20)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(321)(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン