グラブ、料理宅配サービスを国内全域で開始

配車アプリの開発・運営を手掛けるシンガポールのグラブは28日、シンガポール全域で料理宅配サービス「グラブフード」の提供を開始した。すでにインドネシア、タイ、マレーシアで展開しており、6月末までにベトナム、フィリピンにも広げる計画という。

シンガポールではこれまで、中央商業地区(CBD)など一部地域で試験的にサービスを提供していた。国内全域での開始に伴い、グラブが東南アジアで米ウーバー・テクノロジーから買収した同様のサービス「ウーバーイーツ」は27日で提供を終了した。

グラブフードでは最低注文金額を設けず、少額での注文を可能としたほか、5日前からの予約注文も受け付ける。また、1Sドル(約81円)注文するごとにグラブのロイヤルティープログラム「グラブリワード」で、5ポイントを受け取れる。

宅配員は事前に働く時間帯を決める必要がなく、いつでも自由に働けるほか、給与を当日中に受け取ることが可能。加えて、グラブの負担で全員が個人傷害保険に加入できる。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: IT・通信食品・飲料商業・サービス運輸・倉庫

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自転車シェアサービスの…(07/16)

【人事】Gunosy社長に竹谷祐哉氏ほか(07/16)

4~6月期のGDP、3.8%増 製造業やサービス業で伸び減速(07/16)

【予定】16日 米ロ首脳会談ほか(07/16)

エバラ食品、8月に子会社を設立(07/16)

航空庁、欧州安全機関とドローン安全基準策定(07/16)

【プロの眼】知っておくのは親の義務、帰国子女受験の傾向と対策(07/16)

オロ、クロスフィニティの子会社買収(07/16)

デロイトトーマツ、アジア太平洋での展開加速(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン