デジタル貿易時代に対応を、通商白書の骨子案

【共同】経済産業省がまとめた2018年版通商白書の骨子案が28日、明らかになった。インターネットを通じた国際的な電子商取引(EC)が急増している「デジタル貿易時代」への対応を促し、日本企業が成長を取り込む良い機会になると強調した。課題として、公正な競争環境の確保を挙…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

トルコが米をWTO提訴へ、追加関税は協定違反(08/22)

対中関税で価格上昇懸念、公聴会で反対意見噴出(08/22)

HCM市でモーターショー、15ブランド出展(08/22)

日本の果物ケーキを続々発売 東海堂、「目新しさ」に重点(08/22)

農業強化へデータ集積、政府がTPP発効見据え(08/22)

賓仕国際の日本チーズケーキ店、全店閉鎖へ(08/22)

対日本企業投資が過去最高、株主対話背景に(08/22)

ベトジェット、1月にハノイ―成田線就航(08/22)

NSW州LNG輸入、浮体式設備導入へ(08/22)

日、韓、タイの小売事業者が市場参入に意欲(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン