• 印刷する

テイクオフ:オージーの友人家族から…

オージーの友人家族から、大きな冷凍和牛をいただいた。こちらは安物ばかり食べてきたせいか、ステーキはあまり好きではないのだが、庭で炭焼きにして食べてみると、なるほどとても柔らかく、炭のスモークも効いてまろやかな味わいがある。塩やコショウさえいらないほどだ。だがこの肉は、正確にはオーストラリア産「ワギュウ」。

その数日後の29日、日本の農水省は、BSE(牛海綿状脳症)の発生で輸出が止まっていた日本産牛肉のオーストラリア向け輸出が17年ぶりに再開されたと発表した。オーストラリアでは、ファストフードなどでさえ「ワギュウ」が普及しているが、本物の日本産和牛が再び、食卓に上ることになるのは嬉しい。

アメリカンビーフよりオージービーフの方がおいしい、とオーストラリア人は自負するが、ぜひ和牛と比べてみて欲しいと思っている。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:オーストラリアやニュー…(10/22)

豪与党保守連合、過半数割れ 補選敗退で「少数政府」に(10/22)

豪州、純資産額中間値が19万$超で世界一(10/22)

豪畜産業界、ブレグジットの影響を憂慮(10/22)

石油大手2社、3Q生産量と売上ともに好調(10/22)

草賀駐豪大使、「今後も豪石炭輸入は重要」(10/22)

ライナス、マレー当局に迅速な免許更新訴え(10/22)

ANZと6行、貿易情報ネットワーク構築へ(10/22)

疑わしい取引の通報急増、CBA違反発覚で(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン