• 印刷する

1万$超の現金決済、豪企業にも報告義務か

オーストラリア政府は、地下経済の取り締まり強化に伴い、国内企業に対し今後、1万豪ドル(約82万円)を超える現金決済を行おうとする顧客について、当局へ報告する義務を課す可能性が浮上していることが分かった。報告を怠った場合には、罰金を科すことも検討されているもようだ。オーストラリアン・ファイナンシャル・レビューが伝えた。

財務省が設置したタスクフォース(作業部会)がこのほど発表した最終報告書では、「1万豪ドルを超える現金決済を行おうとする顧客について、企業に報告義務を課すべきか検討中」と明かし、1万豪ドルを超える現金決済が行われた場合には、企業と顧客の両者に罰金を科すとしている。

同報告書はまた、現金取引によって企業は、収入や消費税(GST)収入について詳細に報告することを免れ、その結果、割安な料金によるモノやサービスの提供が可能となり、不当に利益を得ていると指摘。同時に、対象を法人登記番号「ABNナンバー」保持者すべてとすることで、顧客に取引相手が法人であることを明確にするとしている。さらに、電子取引が難しいとみられる外国人観光客などは、除外する可能性を示唆している。

地下経済の取り締まり強化を巡っては、連邦政府が2018/19年度予算案の中で、1万豪ドルを超える現金の決済を禁止する方針を打ち出しており、2019年7月1日以降のモノ・サービスに対する支払いに適用したい考えを示している。

現行の対資金洗浄法ではすでに、国内の金融機関に対し、1万豪ドル以上の現金決済についてオーストラリア金融取引情報センター(AUSTRAC)に報告する義務を課している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 金融小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豪レクサス、QLD政府と安全技術実験実施(16:40)

豪野党、政府のCO2削減目標の復活目指す(16:40)

アマゾン、豪消費者の米国サイト利用解禁(16:40)

テイクオフ:小説家をしているオージ…(11/22)

香港企業の5割、貿易戦の対策打たず=調査(11/22)

島津、豪で医療ソフト共同開発 患者情報を統合管理(11/22)

予算案で移民削減へ、家族ビザなどに影響か(11/22)

中国政府が報復?豪産大麦に不当廉売調査(11/22)

豪政府、香港企のAPA買収を正式に却下(11/22)

〔政治スポットライト〕インド大統領、初の来豪で2国間関係強化(11/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン