延命治療の拒否可能に、関連法改正へ

台湾の衛生福利部(衛生省)はこのほど、自分で判断できなくなった場合を想定して生命維持治療に関する事前指示を認める「病人自主権利法」の施行細則を改正する方針を固めた。延命治療を拒否できる患者の対象を明記する。改正案は、2019年1月に施行される。27日付中央通信社が伝…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中秋節連休のある日、体…(09/26)

スマホ新機種発売が需要けん引 8月卸売売上高、同月過去最高に(09/26)

力成、竹科でFOPLPラインの第3工場着工(09/26)

友達が事業多角化、介護や排水処理の子会社設立(09/26)

サーバー製造各社、中国から生産ライン移設も(09/26)

マカオの8月旅行者、単月過去最多に(09/26)

中華汽車、電動大型バイク市場を開拓(09/26)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(335)(09/26)

台湾の乗用車満足度、大衆車はラクスジェン1位(09/26)

【予定】26日 日米首脳会談ほか(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン