延命治療の拒否可能に、関連法改正へ

台湾の衛生福利部(衛生省)はこのほど、自分で判断できなくなった場合を想定して生命維持治療に関する事前指示を認める「病人自主権利法」の施行細則を改正する方針を固めた。延命治療を拒否できる患者の対象を明記する。改正案は、2019年1月に施行される。27日付中央通信社が伝…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 医療・薬品社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:夏の台湾を代表する食べ…(07/23)

スターフライヤーまず2路線で 北九州と中部から、福岡便は断念(07/23)

カー用品市場にアジアが注目 先行するタイ企業など、参入模索(07/23)

【人事】シーアールイー取締役に小泉武宏氏ほか(07/23)

中国本土の103社ランクイン フォーチュン500社番付(07/23)

ベトナムのフック首相、台プラ工場を視察(07/23)

【予定】23日 大島理森衆院議長が中国訪問ほか(07/23)

大江生医が中国で機能性商品、不動産大手と提携(07/23)

【訃報】塙昭彦氏(元イトーヨーカ堂専務)(07/23)

美時と祥翊、止血剤後発薬の米国販売で提携(07/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン