• 印刷する

MTR運賃、6月末から平均3.1%値上げ

香港鉄路(MTR)を運営する香港鉄路公司(MTRC)は28日、MTRの運賃を6月30日から平均3.14%引き上げると発表した。値上げは2年ぶり。運賃の値上がり幅は「0.3HKドル(約4.2円)以下が全路線の7割を占める」と説明した。香港経済日報などが伝えた。

例えばスマートカード「オクトパス(八達通)」を使った旺角駅―アドミラルティー駅は従来の11.9HKドルから12.3HKドル、上水駅―セントラル(中環)駅は20.3HKドルから20.9HKドルにそれぞれ上がる。

一方、従来からの優遇措置4点は継続する。6月30日から来年1月1日まで、オクトパスの利用時に運賃の3%をキャッシュバック。年内は西鉄線、東鉄線、東涌線の月当たり定期券(月票)の価格を据え置く。ミニバスの乗り換え優遇価格とMTRの早朝利用割引も続ける。

MTRCは2017年12月期本決算で168億2,900万HKドルの純利益を計上。「大きく儲けている中での値上げ」と市民から批判が出ているが、MTRCは「優遇措置を使えば、大部分の運賃はこれまでと変わらない」と強調した。

MTRCは10年から16年まで7年連続で運賃の値上げを実施。昨年は値上げを凍結していた。


関連国・地域: 香港
関連業種: 運輸サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:香港国際空港(チェクラ…(03/27)

専門職の約5割が昇給に期待 ヘイズ調査、3~6%のレンジで(03/27)

イースターは欧州旅行が人気 10連休可能、気候の良さも追い風(03/27)

豪政府、香港とFTA締結 貿易と投資の連携強化へ(03/27)

マカオ、“観光税”で日本とベネチアを調査(03/27)

香港の2月輸出、4カ月連続のマイナス(03/27)

香港と豪州、FTAと投資協定に調印(03/27)

越境での調停案件、今年は250件見込む(03/27)

大湾区・香港が本土経済けん引、投資銀幹部(03/27)

HSBC、7月にMPFスキームを統合へ(03/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン