• 印刷する

GST撤廃後の物価、厳しく確認=消費省

マレーシアの国内取引・協同組合・消費省は、国内の事業者が6月のGST(消費税)廃止に伴い、きちんと価格を引き下げているかどうかを厳しくチェックする方針だ。28日付スターが伝えた。

ロスラン・マフユディン監視局長は28日、事業者が6月以降に価格をごまかし、GST込みで販売するのを防ぐため、同省が商品のサンプル検査を行い、適正価格で販売しているかどうかを監視する意向を表明。既にGST撤廃前の価格を把握しており、撤廃後の価格と比較可能な状況にあることを明らかにした。

一方、同局長は食肉、野菜など生活必需品の価格がこのところ上昇していることについて、16日にイスラム教の断食月(ラマダン)に入ったのが主因と指摘。ラマダン月には需要が増大する一方で生産が減るため、商品が値上がりするのは避けられないとの見解を示した。ただ、適正な範囲を超えた過剰な値上げは認められないとして、同省が価格を監視していることを強調した。

マレーシアでは先ごろの総選挙で、当時の野党連合がGST(現行税率6%)の撤廃を公約のひとつに掲げて勝利し、政権交代が実現した。これを受けて財務省は16日、来月1日付でGST税率を0%とし、事実上の撤廃を発表していた。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:通勤電車の中、ひそかに…(01/17)

新車販売、19年は横ばい 政府に承認の迅速化要請=MAA(01/17)

RM=26.4円、$=4.11RM(16日)(01/17)

プロドゥア、新SUV「アルス」を発売(01/17)

MDECの新CEOに米国帰りのスリナ氏(01/17)

巡礼基金、債券投資重視へ戦略転換(01/17)

ゲンティン、増税でコスト削減強化(01/17)

イスカンダルの18年投資誘致、目標を突破(01/17)

マレーシアのファンダメンタルズ強固、世銀(01/17)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン