• 印刷する

KDDI、域内で車両管理サービスを提供

KDDIは28日、シンガポールの現地法人KDDIシンガポールとソフトウエア開発会社フレクト(東京都中央区)が、クラウド型の車両管理サービス「キャリオット」を東南アジア・中東地域で共同展開すると発表した。

フレクトが開発したキャリオットでは、インターネット経由で車両の速度、走行距離、エンジン回転数、燃費、主要電源電圧などのデータをリアルタイムで確認できる。車両に専用端末を装着するだけで簡単に利用可能。国境を越えて走行した際には、各国で自動的にローミング(相互接続)する。法人顧客は、収集したデータを基に配送ルートの最適化や到着時刻の予想などを行うことで、コスト低減や業務効率化が図れる。

KDDIシンガポールは販売元として、まず東南アジアや中東に進出する日本企業向けにキャリオットを売り込む。その後は展開国・地域や販売先企業を拡大する計画だ。同社が販売窓口となり、導入サポートは各国・地域のKDDI現法が担当する。

複数の国が隣接する東南アジアでは、国をまたいで走行する事例が多く、車両の追跡管理に課題があった。また急発進などの危険運転が原因で発生する事故も多く、運転手への啓発も重要性が増している。KDDIは、キャリオットの提供を通じて法人顧客のグローバル事業展開を支援したい考えだ。


関連国・地域: シンガポール日本ASEAN中東
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信サービス

その他記事

すべての文頭を開く

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

テイクオフ:2016年に世界的にヒ…(04/18)

輸出が2年半ぶりの下げ幅 3月12%減、半導体業界不振で(04/18)

日系工業団地の魅力を紹介 ジェトロ主催、印は最多の7団地(04/18)

小売ドンキ、海外空港に初出店(04/18)

ネットワン、地場企業を地域戦略子会社に(04/18)

米IBM、メインフレーム製造をNYに移管(04/18)

アジアの通信環境、シンガポールが首位(04/18)

訪日シンガポール人15%増、3月の記録更新(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン