• 印刷する

バガンのパゴダ登り、9月にも一部で許可へ

ミャンマー宗教・文化省の考古学・国立博物館・図書館局は9月にも、中部の遺跡都市バガンのパゴダ(仏塔)5カ所について観光客が登ることを許可する方針だ。ミャンマー・タイムズ(電子版)が28日伝えた。

同局バガン支部のアウン・アウン・チョー支部長は、「3,000基以上あるパゴダの中から構造がしっかりしており、遺跡的、建築的な価値が比較的低いパゴダ5カ所を選び、一定数の観光客が登ることを許可する計画」と明かした。許可する人数は未決定で、各パゴダへの負担を軽減するため、毎年異なったパゴダ5カ所を選定する。登頂料を徴収し、パゴダの維持管理費に充てるという。

バガンの観光業や専門家など全ての関係者による会合を6月に開催して同計画について協議し、結果をバガン遺跡管理委員会に報告する。最終決定は同委員会が行う。

同委員会は、昨年11月に米国人女性がパゴダから転落して死亡した事故を受け、年明けの2月に観光客に対してバガンにある全てのパゴダに登ることを禁止した。しかし、地元商店の経営者らは、同措置により、観光客が減ったと不満をあらわにしており、ニャウンウー地区長が4月、パゴダ登り禁止の再検討を求めていた。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

小売りスペース需要は回復へ ECと差別化へ「体験型」カギに(04/18)

バガン世界遺産実現へ、支援国に後押し要請(04/18)

ミャンマー正月、ロイター記者への恩赦なし(04/18)

ヤンゴン新都市の環境評価、6月に意見公募(04/18)

ヤンゴン高架環状道、6月に落札企業を発表(04/18)

資源契約の公開は投資誘致に有効=仏トタル(04/18)

環境影響評価協会、能力強化でIFCと提携(04/18)

農村で小型電力供給網の構築を=国際NPO(04/18)

水資源河川系開発局長ら5人、汚職捜査開始(04/18)

TTCL、子会社の株式を日系2社に売却(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン