• 印刷する

イオンマレーシア、1Qは6.6%増益

イオンマレーシアがこのほど発表した2018年1~3月期(第1四半期)決算は、売上高が前年同期比3.5%増の11億1,429万リンギ(約307億円)、純利益が同6.6%増の2,794万リンギだった。小売り部門、不動産管理サービス部門ともに堅調だった。

昨年9月のショッピングモール新規開店と、16年に実施した店舗改装が増収増益に寄与した。部門別の売上高は、主力の小売り部門が3.4%増の9億4,390万リンギ、不動産管理サービス部門は、4.2%増の1億7,040万リンギとなった。

イオンマレーシアは今後の業績について、好調な国内経済を背景に、小売業界も好調さを維持できると見通した。その上で、小売り部門では、最適なマーケティングと価格戦略のもと、品揃えの刷新、高品質な顧客サービスの維持、運営のさらなる効率化を進めていくと説明。不動産管理サービス部門も高い入居率と適切な賃料を維持し、各モールの競争力を高めていくと強調している。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

RM=27.0円、$=4.15RM(19日)(10/19)

11MP、成長率は最大5.5% 予算総額で400億リンギ圧縮(10/19)

新興国の輸入規制に懸念 全体の6割強、印が件数で2位に(10/19)

【アジア三面記事】未亡人の霊?現れる(10/19)

貿易産業相ら、日本企業に投資を呼び掛け(10/19)

富士フイルム、「XーT3」を正式発売(10/19)

RM=27.0円、$=4.15RM(18日)(10/19)

OKウェイヴ、ブロックチェーン関連で受注(10/19)

LRT3号線建設、新条件での継続決定(10/19)

国民車構想、提案書公募は最終的に14件(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン