欧州基準が日米に波及へ、IT大手が順守を約束

【ニューヨーク、ロンドン、東京共同】欧州連合(EU)が25日に施行した個人情報保護を強化する「一般データ保護規則(GDPR)」は、厳格な基準を幅広い業種に適用し、罰則も重い画期的な内容だ。制裁金は最大で世界売上高の4%などと定めた。事実上の世界基準となる可能性が…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日系の小売店が多く進出…(12/19)

干ばつ保険開発で農家支援 SOMPO、衛星データ活用(12/19)

日産が後任会長決定見送り、企業統治委を設置(12/19)

中華映管、生産再開へ協議中 原材料の取引先、貸し倒れを懸念(12/19)

日系チェーンは運営見直しも 化粧品市場(下)差別化で攻勢へ(12/19)

トヨタ、グラブと提携強化 車両データ活用し総合サービス(12/19)

日比EPA見直し来年妥結か 日本は完成車関税5%を要求(12/19)

日本人学校の新校舎が完成、生徒増に対応(12/19)

トヨタ販売が3年連続最高、中国や欧州好調(12/19)

EV充電規格、日本式も採用 インフラ投資が活発化の兆し(12/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン