アンコールワット、遺跡部門で2年連続首位

旅行情報サイト大手の米トリップアドバイザーによると、カンボジアの世界遺産アンコールワットが、2018年の世界の旅行者に最も高く評価されたランドマーク(歴史的建造物や遺跡などの観光名所)に選ばれた。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

同サイトがランドマークをランキング化した「トラベラーズチョイス―世界の人気観光スポット2018ランドマーク編」を発表した。アンコール・ワットは17年に続き、2年連続で首位だった。4万人を超える旅行者の大半が最高の評価を与えたという。

調査では、トリップアドバイザー上に投稿された旅行者の口コミを基に、世界の名所が選ばれた。アンコール・ワットは旅行者の大半が5段階評価(バブル評価)の最高点を付けたことが分かった。

世界2位はスペイン・セルビアの「スペイン広場」、3位はアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの「シェイク・ザイード・グランドモスク」。アジアではこのほか、インドの「タージマハル」が6位に入った。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光・娯楽マスコミ・出版・広告社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南部ストゥンハブの開発進む 中国が発電合弁、港は調査段階(07/17)

プノンペンの車両登録台数、220万台(07/17)

【予定】17日 日EUのEPA署名式ほか(07/17)

主要国際空港、1~6月の旅客数23%増(07/17)

縫製労働者の技術向上が急務、AMRO指摘(07/17)

タイの不法就労者、1600人が強制送還(07/17)

世銀、高等教育と道路資産管理を支援(07/17)

中国、総選挙で政府機関ハッキングか(07/17)

28~29日は酒類販売禁止に、総選挙控え(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン