• 印刷する

アンコールワット、遺跡部門で2年連続首位

旅行情報サイト大手の米トリップアドバイザーによると、カンボジアの世界遺産アンコールワットが、2018年の世界の旅行者に最も高く評価されたランドマーク(歴史的建造物や遺跡などの観光名所)に選ばれた。プノンペン・ポスト(電子版)が伝えた。

同サイトがランドマークをランキング化した「トラベラーズチョイス―世界の人気観光スポット2018ランドマーク編」を発表した。アンコール・ワットは17年に続き、2年連続で首位だった。4万人を超える旅行者の大半が最高の評価を与えたという。

調査では、トリップアドバイザー上に投稿された旅行者の口コミを基に、世界の名所が選ばれた。アンコール・ワットは旅行者の大半が5段階評価(バブル評価)の最高点を付けたことが分かった。

世界2位はスペイン・セルビアの「スペイン広場」、3位はアラブ首長国連邦(UAE)アブダビの「シェイク・ザイード・グランドモスク」。アジアではこのほか、インドの「タージマハル」が6位に入った。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 観光メディア・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

首都の集合住宅が急拡大 30年に2.8万戸、外国人増などで(12/19)

鉱業省、19年末にも初の原油生産開始(12/19)

下院有力議員、EU制裁検討で仏議員と会談(12/19)

与党・人民党が党大会、経済開発や成果協議(12/19)

外国人犯罪の摘発、中国人が75%(12/19)

主要空港の旅客数、18年は1000万人超えも(12/19)

セサン水力発電所が本格稼働 国内最大、輸入電力低減へ(12/18)

日産、新型SUV「テラ」を発売(12/18)

首相、中国企業のダラサコル開発事業を絶賛(12/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン