国有企業の賃金決定手法、企業の決定権拡大

中国国務院(中央政府)は25日、国有企業の賃金総額の決定手法の改革に向けた政策意見を発表した。増益率や生産性の向上といった複数の指標と連動させ、企業の自主決定権を拡大した。 政策意見の対象となるのは国有独資企業と国有資本が経営権を握っている企業。26日付人民日報に…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 経済一般・統計雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

現代自、「ベロスターN」の販売開始(18:37)

消費者は現品購入を、対米増税にらみテスラ(18:10)

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

進む中国傾斜、債務膨張 返済維持も高まる「発言力」(06/20)

テイクオフ:中国では連日、W杯の盛…(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

米中貿易戦争、韓国に波紋 中間財の輸出が減少(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

米、中国製品22兆円に10%関税 貿易摩擦、報復合戦に(06/20)

個人所得税法の改正案、基礎控除額5千元に(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン