• 印刷する

テイクオフ:日本企業への就職を希望…

日本企業への就職を希望する学生らを対象にした合同説明会を取材した。学生数人に話を聞いて痛感したのが、女子学生のほうが自分の考えをしっかり伝えられること。日本では「面接結果だけで選考すると残るのは女子学生ばかり」と言われるが、台湾でも同じようだ。

一方、日本と明らかに違うのは服装。日本では説明会でもほぼ全員がリクルートスーツ姿だが、台湾では割と自由。もちろん一番多いのはスーツだが、中にはTシャツ姿のツワモノも。加えて既卒者の割合がかなり高いのも、日本の説明会とはやや違った雰囲気だ。

もっとも世界的に見れば、新卒者も既卒者も一緒に就職活動を行うのが普通。台湾の男子学生は兵役があるため、就職時期は結構バラバラだ。今回台湾で初めて新卒を採用するという日本企業もいたが、日本での常識にとらわれないことがいい人材にめぐり合うコツかもしれない。(蔵)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新内閣が発足し、新たな…(01/16)

日立、台鉄から特急600両受注 1600億円、21年以降の新型車両に(01/16)

工研院、華為製品を内部ネットワーク接続不可に(01/16)

華邦電子、420億元の協調融資契約(01/16)

【ハノイ重慶】「陸海新通道」がスタート (最終回)連結性強める中国ASEAN(01/16)

保護デバイスの興勤、高雄楠梓工場を拡張(01/16)

【アジア自動車データ集】新車販売台数(350)(01/16)

受動デバイスの禾伸堂、桃園に新工場(01/16)

三顧、義大と「細胞シート再生」技術利用で提携(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン