南部2州、進む投資環境整備 自動車中心に需要底堅く

インド南部で投資環境の整備が進んでいる。「インドのデトロイト」と呼ばれるタミルナド州チェンナイでは、完成車メーカーの投資や関連企業の新規進出が続く。2018年度中には日本企業の手掛ける工業団地が2カ所操業を開始する予定。隣接するアンドラプラデシュ州では大規模工業団…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

二輪輸出が継続的に拡大 来年10%台の成長、アフリカなど(12/04)

プラスチック業界、原材料高騰で規制要請(12/04)

筆記具業界、需要減と税制混乱で二重苦(12/04)

アジア昇給率4.3%予測、コロナ影響=NNA(12/04)

地場物流オム、プネに新たな倉庫施設を設置(12/04)

石油公社、AP州で169億ルピーの投資計画(12/04)

フェニックス、商業施設開発でGICと提携(12/04)

農業新法、政府は従事者の提言検討へ(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン