南部2州、進む投資環境整備 自動車中心に需要底堅く

インド南部で投資環境の整備が進んでいる。「インドのデトロイト」と呼ばれるタミルナド州チェンナイでは、完成車メーカーの投資や関連企業の新規進出が続く。2018年度中には日本企業の手掛ける工業団地が2カ所操業を開始する予定。隣接するアンドラプラデシュ州では大規模工業団…

関連国・地域: インド日本
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車製造一般社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド南部タミルナド州…(06/18)

高まるサイバー犯罪リスク データ通信拡大、政府は対応急ぐ(06/18)

インド太陽光に大型投資へ、ソフトバンク(06/18)

大広、インドの広告制作会社に出資(06/18)

中国車2社、インド進出を先延ばし(06/18)

デルタ、ソフトウエア会社買収で印事業拡大(06/18)

リライアンス、炭素繊維の国内初生産を計画(06/18)

南部の州営製紙会社、252億ルピーで拡張(06/18)

家電バジャジ、地場調理器具メーカーを買収(06/18)

米製品30品目に報復関税、今週中に発動も(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン