対日投資残高、伸び率1%に鈍化

外国企業による対日直接投資(残高ベース)の伸びが鈍化している。2017年末時点で前年末比1.1%増(3,227億円増)の28兆5,545億円だったことが、25日の日本財務省の発表で明らかになった。 4年連続の過去最高更新となったが、日本政府が目指す20年末までの35兆円を達成できるか…

関連国・地域: 中国シンガポール日本米国欧州
関連業種: 自動車・二輪車その他製造建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイ人の海外旅行が旺盛に 日本人気続く、LCC拡充後押し(04/19)

スターツのホテル好調 開業半年、客室稼働率60%に(04/19)

テイクオフ:人は、想像力が及ばない…(04/19)

【アジア三面記事】中台統一主張の学者を強制退去(04/19)

【一帯一路の現場から】唯一の完成車メーカー、力帆実業(04/19)

シャープ再建に波乱も、カリスマ転身で影響必至(04/19)

下着通販サイト白鳩、ラザダに出店(04/19)

【アジアインタビュー】 「経済の本質を“面白く”伝えたい」(04/19)

Bオート、日系エアロパーツの販売権取得(04/19)

アップルとクアルコム和解、スマホの特許訴訟(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン