夏期の石炭火電割合、全発電で最高の76%

オーストラリアの2017年12月1日~18年4月30日の夏期に、石炭火力発電所が全発電に占めた割合が76%と最も高かったことが、エネルギー市場オペレーター(AEMO)の調べで分かった。ガス火電が10%未満で続いた。資源業界団体ミネラル・カウンシル・オブ・オーストラリア(MC…

関連国・地域: 中国オーストラリア日本米国欧州
関連業種: 天然資源電力・ガス・水道運輸・倉庫政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎年フィリピンからの高…(06/19)

豪とEUがFTA交渉開始 共同で保護主義に反発(06/19)

初の核廃棄物貯蔵施設の建設地、SA州か(06/19)

ダーウィン港管理の中国企、多大な負債に困窮(06/19)

〔政治スポットライト〕豪与党の支持、48%と労働党下回る(06/19)

エネ市場への信頼感、1年で急落=報告書(06/19)

エネ省警告が奏功か、電気ガス各社が値下げ(06/19)

英資源アングロ、豪原料炭事業で拡大計画(06/19)

豪会計事務所の企業信頼感、過去4年で最高(06/19)

〔オセアニアン事件簿〕発がん性物質の調査、豪各地で実施(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン