• 印刷する

計画・財務相の辞任を承認、後任人選へ

ミャンマーの大統領府は25日、チョー・ウィン計画・財務相の辞任を承認したと発表した。同相は収賄の疑いで汚職防止委員会の取り調べを受けていた。声明では、後任の計画・財務相について言及していない。人選が進められているとみられる。

汚職防止委員会は、今月3日にチョー・ウィン計画・財務相の収賄に関する通報を受理し、調査を進めていた。

チョー・ウィン氏は、国民民主連盟(NLD)の政権奪取後、2016年3月に計画・財務相に就任。同年にも学歴の詐称が発覚した経緯がある。

計画・財務省は傘下に、ミャンマー投資委員会(MIC)の事務局を務める投資企業管理局(DICA)や国内歳入局(IRD)などを置く。投資の認可や誘致、金融・証券・保険市場の開発・規制、徴税など、日系を含む外資系企業の事業活動にも関係する分野を広く管轄している。


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマー産米に輸入制限 EU、貿易関係に不協和音(01/18)

中国中鉄、ヤンゴン高架鉄道建設を提案(01/18)

EU向けのコメに輸入制限、18日発動(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

コンド法の管理委設置、市場活性化に期待(01/18)

外交官に誠実さ求める、スーチー氏が訓示(01/18)

地場NWF、デリバティブ市場を創出へ(01/18)

ロヒンギャ問題が焦点、ASEAN外相会議(01/18)

人身売買の7割、中国人男性との強制結婚(01/18)

高知の技能実習生、ミャンマー現法で雇用(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン