ドイツ系の達徳能源、1200億元の協調融資計画

ドイツのエネルギー大手WPDの台湾子会社である達徳能源集団が、協調融資(シンジケートローン)取得に向けて、台湾銀行と交渉を始めている。総額1,200億台湾元(約4,400億円)を調達する計画で、2018年末までに契約にこぎつけたい考えだ。 25日付工商時報によると、借入期間は…

関連国・地域: 台湾欧州
関連業種: 電力・ガス・水道金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:覚悟はしていたが、いざ…(06/19)

スシローが台湾に1号店開業 海外2カ所目、将来は100店舗目標(06/19)

鴻海の深セン製造拠点、5年で刷新へ(06/19)

今年は台湾の海を楽しんで、観光見本市(06/19)

TSMC前董事長、2ナノ開発見通し明かす(06/19)

英業達の3大事業、今年は「全て成長」(06/19)

ドローンの経緯、政大と自律型ロボットラボ(06/19)

遠伝、年内に5G関連人材1千人募集(06/19)

食品の大成、台湾内外で投資加速(06/19)

宝成の越工場4カ所、生産ラインは全面回復(06/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン