• 印刷する

〔新政権〕政府債務、GDP比8割まで拡大=財務相

マレーシアのリム・グアンエン財務相は24日、政府債務が2017年12月末時点で国内総生産(GDP)比80.3%に達していることを明らかにした。マハティール首相は前日、同割合は前政権が公表していた約51%を大きく超える65%に上ると発表したばかり。これをさらに上回り、債務総額が1兆リンギ(約27兆5,107億円)の大台を突破したことで、財政不安が一段と広がりかねない情勢となってきた。25日付スターが伝えた。

リム財務相の声明によると昨年末時点の政府債務は総額1兆870億リンギ。内訳は公的債務がGDP比50.8%に相当する6,868億リンギ、債務不履行に陥った政府系企業の債務保証が同14.6%の1,991億リンギ、政府が約束している官民連携(PPP)事業関連のリース料金支払いが同14.9%の2,014億リンギとなっている。

マハティール首相は23日、前政権が政府債務を過少に公表していたと発表。同債務が実際にはGDP比65.4%に相当する8,859億リンギに上ると明らかにしていた。しかし、PPPのリース料支払いは含まれていなかった。これが加算されることで、債務は大きく膨れ上がり、ついに1兆リンギを超えたことになる。

前政権の債務隠しが暴露された直後、マレーシアの金融市場、産業界では動揺が広がり、株価は大きく下落した。新たな発表は、これに追い打ちをかける格好だ。しかし、リム財務相は新政権の説明責任、透明性などを重視する姿勢が債務問題をあぶり出し、厳しい現状を把握できた点を強調。マレーシア経済のファンダメンタルズ(基礎的条件)が強固で、金融システムが安定しており、金融市場に十分な流動性があることなどに言及し、新政権が債務問題を克服できるとの見方を示した。


関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

初任給希望額は2千リンギ カザナ、若者の就労意識調査(12/14)

RM=27.1円、$=4.18RM(13日)(12/14)

プロトン「X70」、価格は9.9万リンギから(12/14)

【アジア三面記事】救急車はどこに消えた(12/14)

プロドゥアの社長退任、後任はザイナル氏(12/14)

ベルマツオート、第2四半期は2.9倍増益(12/14)

アラム・マリティム、潜水作業を受注(12/14)

サイパーク、クダ州などの太陽光発電所受注(12/14)

建設プロタスコ、SUKE建設の受注解約(12/14)

不動産開発エコワールド、通期は21%減益(12/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン