• 印刷する

テイクオフ:台湾の葬儀は、奇抜な上…

台湾の葬儀は、奇抜な上に期間が長いことで有名だ。だが今では、かつて名物だったセクシーなダンサーや泣き女が少なくなったそうで、台湾に住む祖母の葬儀にもいなかった。全日程は2週間。伯母によると「これでも最近は短くなった」とのことで、昔は半年かかることもあったそうだ。

告別式は当日と前日に6時間ずつ要し、さらに500人以上が参列したため、親族一同みな疲労困憊(こんぱい)だった。最後に道士が棺の前で「親族は泣いてください」と言ったが、疲れ切っていて泣くことができなかった。

後日にいとこたちと食事をした時、ふと祖母の小言癖の話になった。みんな文句を言いながらも、しんみりとした雰囲気になった。葬儀が簡略化されても遺族の忙しさは変わらない。終わった後に、日常に戻ってふといろいろなことを思い出し、棺の前では流せなかった涙を流すのだろう。(粽)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カンタス、札幌・シドニー間で季節運航便(17:01)

九州電、VIC州政府と混合燃料開発で覚書(17:01)

ヨシムラフード、水産加工メーカーを買収(17:51)

スリランカ、空港・港湾は平常通り(15:50)

JDIが2百億円借り入れ、INCJから(04/22)

テイクオフ:インドネシアは既に女性…(04/22)

IT産業、20年に需要40万人 越で深刻化する人材不足(下)(04/22)

政府、対中批判沈静化に苦慮 中間選前に「争点化」避ける(04/22)

日東紡、台湾でガラス繊維強化 建栄を子会社化、電子材料向け拡大(04/22)

東南アジア主要6カ国に出店 3年以内に、菓子パンの八天堂(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン