テイクオフ:台湾の葬儀は、奇抜な上…

台湾の葬儀は、奇抜な上に期間が長いことで有名だ。だが今では、かつて名物だったセクシーなダンサーや泣き女が少なくなったそうで、台湾に住む祖母の葬儀にもいなかった。全日程は2週間。伯母によると「これでも最近は短くなった」とのことで、昔は半年かかることもあったそうだ。

告別式は当日と前日に6時間ずつ要し、さらに500人以上が参列したため、親族一同みな疲労困憊(こんぱい)だった。最後に道士が棺の前で「親族は泣いてください」と言ったが、疲れ切っていて泣くことができなかった。

後日にいとこたちと食事をした時、ふと祖母の小言癖の話になった。みんな文句を言いながらも、しんみりとした雰囲気になった。葬儀が簡略化されても遺族の忙しさは変わらない。終わった後に、日常に戻ってふといろいろなことを思い出し、棺の前では流せなかった涙を流すのだろう。(粽)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

5月の訪日マレーシア人、1.1%増の3.6万人(18:26)

林野庁、温室効果ガスの排出取引規則で合意(18:45)

DIC、有機顔料の研究開発拠点を設置(15:42)

スズキが中国てこ入れ検討、現地では撤退観測も(06/21)

テイクオフ:サッカーのワールドカッ…(06/21)

イオンモール2号店が開業式 東南ア最大、来店目標1400万人(06/21)

販路拡大、東南ア展開を探る ものづくり商談会、162社が出展(06/21)

18年の予測昇給率は3.3% JCCI説明会、雇用法改正も解説(06/21)

通関業務改善へ9項目提議、日本人商工会(06/21)

アウディ会長にスホット氏(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン