• 印刷する

損保インシュランス、シャリア事業を開始

損保ジャパン日本興亜のインドネシア法人、損保インシュランス・インドネシアは24日、シャリア(イスラム法)事業部門「損保インシュランス・シャリア」を立ち上げたと発表した。日本品質の信頼感を武器に、ムスリム(イスラム教徒)人口の多いインドネシアでシャリア事業に参入。認知度の強化を図る。

金融監督庁(OJK)からの認可を得て、シャリア事業を開始したのは昨年8月。現在、マレーシア系バンクCIMBニアガを通じて、バンカシュランス(銀行窓口での販売)で火災保険と自動車保険を販売している。これに加え、年内に旅行保険の販売も開始する予定。販売窓口も、順次拡大していく。

損保インシュランス・インドネシアの黒木達也副社長は、インドネシアの市場について「シャリア保険の普及率はマレーシアなどイスラム圏の他国と比べて低いが、ムスリム人口は圧倒的に多く、今後の成長が大いに期待できる」と発言。消費者がイスラム金融でローンを組んで家や車を買えば、保険もおのずとシャリアにするという流れができるとみており、「市場の潜在性が高いことから参入に至った」と経緯を説明した。

同社は、2020年ごろまでにシャリア事業での保険料収入が事業全体の1割程度に貢献することを目指している。

シャリア保険事業について説明する損保インシュランス・インドネシアのエリックCEO(右から2人目)ら関係者。右端は黒木副社長=24日、ジャカルタ(NNA撮影)

シャリア保険事業について説明する損保インシュランス・インドネシアのエリックCEO(右から2人目)ら関係者。右端は黒木副社長=24日、ジャカルタ(NNA撮影)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 金融

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ジャカルタ中心部の国鉄…(01/17)

与野党陣営の舌戦が本格化 大統領選、今夜第1回討論会実施(01/17)

18年の四輪新車販売、7%増の115万台(01/17)

18年の完成車輸入、16%減の8.2万台(01/17)

お好み焼き「千房」、1号店を27日オープン(01/17)

18年の訪日観光客、39.7万人で過去最高(01/17)

消費財キノ、森永現法の全株式の取得を完了(01/17)

宅配各社が相次ぎ値上げ、最大手は平均2割(01/17)

スリ財務相、世銀総裁候補との下馬評(01/17)

天然ゴムの輸出30万トン削減、2カ国が合意(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン