• 印刷する

建築展示会が開幕、来場者4500人見込む

カンボジアの企業向け建築関連見本市「建築・内装エキスポ2018」が24日、首都プノンペンで開幕した。国内外の企業約150社が参加し、販路開拓などに注力している。

同展示会の開催は3回目で、今回のテーマは「職場と居住空間をよくするデザイン」。タイに拠点を構える展示会の企画大手ICVeXが主催している。24~26日の開催期間中に17年比4.7%増の4,500人の来場を見込む。

初めて展示会に参加する中国家電販売会社の幹部は「首都プノンペンと南部シアヌークビルで多い中国系企業のプロジェクトを扱う業者からの受注を探っている」と話した。

オフィス家具を販売するタイ企業の幹部は「展示会への参加は2回目。カンボジアには品質の高いオフィス家具が不足しているため、われわれの製品には需要が見込める」と自信を示した。


関連国・地域: タイカンボジア
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

世界遺産地区に巨大リゾート 米系ソンサー、2.5億ドル投資(10/17)

トリドール、外食人材育成校を開校(10/17)

ユーロチャム、経済制裁に反対表明(10/17)

関税優遇措置の停止回避へ、EUと交渉(10/17)

シンガのリンペイ、仮想通貨決済に参入(10/17)

首相の長男、反政府勢力は「国益の損害」(10/17)

過積載車両の検査で汚職、職員14人を解雇(10/17)

アジア投資「欧州流」強調、中国意識(10/17)

4~6月の経常赤字43%増 8.1億ドル、3四半期連続の拡大(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン