海洋委員会トップ、沖ノ鳥島は「岩」明言

台湾行政院(内閣)に属し海洋政策を司る「海洋委員会」のトップを務める黄煌キ(キ=火へんに軍)主任委員は、23日に開かれた立法院(国会)の委員会質疑で、日本の領海内にある沖ノ鳥島について、「岩である」と明言した。黄主任委員は、岩では排他的経済水域(EEZ)を設定…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 農林・水産政治


その他記事

すべての文頭を開く

経済競争力ランク、上位5都市は変わらず(12:55)

テイクオフ:主に育成選手からなる巨…(06/25)

郭台銘氏「5年は引退ない」 鴻海の構造転換、今後3年が鍵(06/25)

仁宝が受託製造料引き上げへ、受動部品価格上昇(06/25)

遠伝がスマートスピーカー、台湾式中国語に対応(06/25)

和泰汽車、トヨタ自動車株取得で提携強化へ(06/25)

高雄爆発事故、栄化と華運に賠償命令(06/25)

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/25)

中油、米シェエニールとLNG調達のHOA(06/25)

プラズマで靴底を接着、東南アで技術PR(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン