24日指数は反発、受動部品の買い戻し進む

24日の台湾株式市場で加権指数は反発。終値は前日比50.75ポイント(0.47%)上昇し10,936.93ポイント、売買代金は1,264億6,000万台湾元(約4,630億円)だった。 このところの集中市場は、受動部品大手株の売買動向が他のハイテク株などの取引にも影響を及ぼす状況が続いている。前…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融・保険


その他記事

すべての文頭を開く

経済競争力ランク、上位5都市は変わらず(12:55)

テイクオフ:主に育成選手からなる巨…(06/25)

郭台銘氏「5年は引退ない」 鴻海の構造転換、今後3年が鍵(06/25)

仁宝が受託製造料引き上げへ、受動部品価格上昇(06/25)

遠伝がスマートスピーカー、台湾式中国語に対応(06/25)

和泰汽車、トヨタ自動車株取得で提携強化へ(06/25)

高雄爆発事故、栄化と華運に賠償命令(06/25)

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/25)

中油、米シェエニールとLNG調達のHOA(06/25)

プラズマで靴底を接着、東南アで技術PR(06/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン