• 印刷する

世界競争力ランク、香港が2位に転落

スイスの有力ビジネススクール、IMD(国際経営開発研究所)が発表した今年の世界競争力ランキングで、香港は昨年の世界トップから2位に転落した。昨年4位だった米国に追い抜かれた。

世界63カ国・地域を対象に調べた。香港政府の発表によると、香港はランキング4項目のうち、「政府の効率性」と「ビジネス効率性」の両方で4年連続トップを維持した。トレンドを上回る経済成長を背景に「経済実績」は昨年11位から9位に上昇。ただ、昨年は20位だった「インフラ」が23位に下落した。

政府の報道担当官は、他市場との競争が激しく、法の支配の優れた伝統、開放された自由な市場、効率的な公共セクター、安定した制度の枠組みといった香港の競争力を強化することが非常に重要だと述べた。

トップ5は昨年と同じ顔触れだが、順位に変化が見られた。3位は昨年同様にシンガポール。4位には昨年5位のオランダが浮上した。スイスは昨年の2位から5位に順位を落とした。中国本土は昨年の18位から13位に上昇。日本は昨年から1ランク上げ25位だった。


関連国・地域: 香港
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

テイクオフ:映画を観ることが好きな…(10/16)

住宅の小型化に歯止めか 公営供給増加で需要変化(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

週末住宅取引、新築は5割減の112戸(10/16)

香港株式の実名制導入、来年にも諮問へ(10/16)

仮想通貨取引所に規制導入を検討、SFC(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン