納税登録、GST導入で1.5倍 中小企業は信用供与などで恩恵も

インドで全国統一の間接税制、物品・サービス税(GST)が導入されて7月で1年がたつ。導入当初は中小企業を中心に移行に伴う混乱が生じたが、納税者数は増えている。昨年12月時点のGST登録業者は、旧税制下の間接税の納税登録数に比べ5割拡大。企業はGSTに登録していな…

関連国・地域: インド
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インド南部タミルナド州…(06/18)

高まるサイバー犯罪リスク データ通信拡大、政府は対応急ぐ(06/18)

インド太陽光に大型投資へ、ソフトバンク(06/18)

大広、インドの広告制作会社に出資(06/18)

中国車2社、インド進出を先延ばし(06/18)

デルタ、ソフトウエア会社買収で印事業拡大(06/18)

リライアンス、炭素繊維の国内初生産を計画(06/18)

南部の州営製紙会社、252億ルピーで拡張(06/18)

家電バジャジ、地場調理器具メーカーを買収(06/18)

米製品30品目に報復関税、今週中に発動も(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン