前政権の隠れ債務、市場に衝撃 財政不安のマレーシア売り警戒

マレーシアの政府債務の国内総生産(GDP)に対する比率が、公表値を大幅に上回る65%であることが明らかになり、金融市場や産業界に動揺が広がっている。マハティール政権は、大型事業の見直しや公的機関の廃止などで歳出削減を図る考えだが、公約に掲げる消費税(GST)廃止…

関連国・地域: マレーシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

不動産アヤラ、国外で新たなM&A検討(17:09)

テイクオフ:自宅近くにホテルが開業…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

国会開幕、焦点は予算案 初日は元副首相の復職話題に(10/16)

9月の新車販売、前年同月比24%減(10/16)

RM=26.8円、$=4.15RM(15日)(10/16)

環ボルネオ高速道、政府は無料化維持(10/16)

低価格住宅は最高30万リンギが妥当=HBA(10/16)

住宅のブミ優遇制度、業界で根強い反発(10/16)

9月のパーム原油生産、前月比14.4%増(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン