無印良品に罰金340万円、台湾表記巡り

【上海共同】中国上海市の工商行政管理局は、日本の良品計画が運営する生活雑貨「無印良品」が外装に「原産国 台湾」と表記した商品を中国で販売したとして、上海市にある子会社に罰金20万元(約340万円)を科した。中国当局が23日明らかにした。良品計画側は表記を変更したという…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 商業・サービス社会・事件政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

進む中国傾斜、債務膨張 返済維持も高まる「発言力」(06/20)

テイクオフ:中国では連日、W杯の盛…(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

米中貿易戦争、韓国に波紋 中間財の輸出が減少(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

米、中国製品22兆円に10%関税 貿易摩擦、報復合戦に(06/20)

個人所得税法の改正案、基礎控除額5千元に(06/20)

中国成都八益、首都郊外に大型家具卸売市場(06/20)

大湾区の1人当たりGDP、東京超えも(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン