豪CEO、自社成長楽観もデジタル化に困惑

オーストラリア企業の最高経営責任者(CEO)の多くが、自社の事業成長について、今後3年間で最大2%の成長を見込んでおり、慎重ながら楽観的な見通しを示していることが、会計大手KPMGの最新報告書で分かった。また、デジタル化の波に多くのCEOが困惑しながらも、成長につながると捉えていることが分かった。オーストラリアンが伝えた。

KPMGは11カ国の1,300人の企業CEOを対象に調査を実施した。同調査によると、オーストラリアのCEOのほとんどが、向こう3年間で最大2%の成長率を見込んでいる一方、海外のCEOは42%が同時期に2~5%の成長率を見込んでおり、国内CEOが海外CEOよりやや慎重な姿勢を示した。

また、国内CEOの86%がデジタル・ディスラプション(IT技術革新などによる既存ビジネス秩序の破壊)への対応に「圧倒されている」と答え、70%が急激な変化についていくのに苦労していると回答した。一方で、CEOの96%がこのような試練に直面することは、企業にとって成長する良い機会ととらえてることも分かった。

さらに、国内CEOの68%は顧客のニーズに応えていると自負を示し、海外の26%を大きく上回った。また、ほとんどのCEOが人工知能(AI)に注目し、雇用の創出につながると考えており、約半数が試験事業を開始していることなども分かっている。

KPMGオーストラリアのウィングローブCEOは、企業のCEOが今後3年間で取り組むべき課題として、第三者のクラウド企業、データ提供企業、新興イノベーション企業との提携を挙げ、サイバーセキュリティー専門家、データ科学者、新興市場分析専門家などが、今後CEOに最も求められる人材になると予想している。


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:派手な安売り宣伝を強調…(06/18)

豪新政策、7月から続々実施 海外商品課税や電気料値下げなど(06/18)

TAS州予算案、インフラ投資を拡大(06/18)

三井伊藤忠BHP合弁、WAで鉄鉱開発(06/18)

WAの中堅エンジのSRGとGCS、合併へ(06/18)

豪大手銀格付け、規制強化でも維持=S&P(06/18)

内務省、アクセンチュアとの契約を早期終了(06/18)

豪政府、5G事業めぐり中国をけん制(06/18)

輸入コンテナに新税、業界が詳細情報を要請(06/18)

豪が港湾の国家戦略策定へ、貨物量の急増で(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン