• 印刷する

不動産オリジン、香港に販売事務所を開設

タイでコンドミニアム(分譲マンション)などを開発するオリジン・プロパティーは23日、香港の不動産投資会社フルクラム・グローバル(弘捷国際)と提携し、香港に販売事務所を開設すると発表した。主に中国系顧客向けの海外販売拠点とする。

オリジンは昨年7月から海外市場の開拓を本格化。昨年は下半期(7~12月)だけで外国人向けに約12億バーツ(約41億3,000万円)相当を売り上げた。今後はフルクラムを窓口として中国、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシアなどで不動産販売を強化する。香港にモデルルーム付きの事務所を設置することで海外の顧客がタイに来なくても物件の詳細を知ることが可能になり、外国人投資家向けの販売が今後さらに伸びると期待する。

今年の外国人向けの売上高目標は40億バーツ。向こう3年間で計150億バーツを目指す。

フルクラムはこれまで、オリジンが買収したプラウド・レジデンスが開発したバンコク中心部の高級コンドミニアム「パーク24」を450戸以上購入したほか、シンガポール政府系のアスコットと共同で高級サービスアパート「ザ・パーク・アットEMディストリクト」を開発。オリジンとの提携により、タイでの不動産事業を今後さらに拡大する狙いだ。

業務提携を発表したオリジン・プロパティーとフルクラム・グローバルの関係者=23日、バンコク(NNA撮影)

業務提携を発表したオリジン・プロパティーとフルクラム・グローバルの関係者=23日、バンコク(NNA撮影)


関連国・地域: 香港タイ
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

通信DTAC、900MHZ電波入札に参加へ(13:33)

テイクオフ:タイのプミポン前国王が…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

【高齢化の諸相】中進国の活力奪う「第2の罠」 スピード老化、先進国入りへ試練(10/16)

居酒屋てっぺん、商業施設でFC1号店開業(10/16)

製薬協、タイと台湾の機関とコンソーシアム(10/16)

バムルンラード病院、米企業と新技術開発へ(10/16)

新菱冷熱、協和発酵バイオの工場を完工(10/16)

信和不動産、物件のアフターサービス導入(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン