• 印刷する

グラブ、バイタク運転手の囲い込み強化

シンガポールの配車サービス大手グラブは、タイのバイクタクシーの配車サービス「グラブバイク」の拡充に向けてバイクタクシー運転手の囲い込みに乗り出した。23日付クルンテープ・トゥラキットが報じた。

グラブバイクの参入に否定的な既存のバイクタクシーとの対立を回避し、営業免許を持つ合法的なバイクタクシー運転手を多数確保するのが狙い。グラブバイクに新たに登録したバイクタクシー運転手に対し、7日間に渡って1日2件の顧客割り当てと、報奨金1,000バーツ(約3,400円)を進呈するキャンペーンを来月末まで展開する。

グラブバイクの利用者は1カ月につき約70万人。営業免許を持つバイクタクシー運転手だけでは利用者の増加に追いつかず、営業免許を持っていないバイクタクシー運転手に一部頼っているのが現状だという。

グラブ・タイランドのタリン社長は「グラブは既存のバイクタクシーからシェアを奪おうとしているのではなく、効率的なシステムの提供で収入の増加に寄与したいと考えている」と説明。グラブバイクへの参加により、従来比で20%収入が増えるとして登録を呼び掛けている。


関連国・地域: タイシンガポール
関連業種: 自動車・二輪車運輸サービス

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:ここ最近は大降りの雨が…(09/19)

地域の物流網発展に対応を 模倣品見極め、真贋判定セミナー(09/19)

EV設備、売り込みに熱気 再エネ展示会に日系10社出展(09/19)

桜十字、エンポリで12月に病院開設(09/19)

三井不動産とアナンダが合弁、新コンド開発(09/19)

チワタイ、トンロー通りに低層コンド開発(09/19)

CBRE、ラチャダの大型開発用地を入札へ(09/19)

ダウェー特区、タイ20社と賃貸契約締結準備(09/19)

住宅開発セナ、子会社を新設(09/19)

日立、IoT事業をタイからASEANへ(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン