配車アプリ滴滴、年内に香港上場か

中国最大の配車アプリ「滴滴出行」を運営する北京小桔科技(滴滴)は、香港で新規株式公開(IPO)を実施する方針を固め、加重投票権(WVR)を認める議決権種類株式(別名デュアル・クラス・ストック)による上場も視野に入れているもようだ。23日付香港経済日報が消息筋の話…

関連国・地域: 中国-北京香港
関連業種: 金融運輸IT・通信サービス


その他記事

すべての文頭を開く

本土AI企業、香港をアジア展開の拠点に(13:31)

日台の工作機械にAD調査、商務省が開始(14:24)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

テイクオフ:「いまの治安についてど…(10/16)

消費拡大で各方面へ号令 政府が3年計画、車・環境など(10/16)

中国、域内秩序と成長促進に支援(10/16)

蓮塘・香園囲検問所、来年半ばに完成延期か(10/16)

ラビダが11カ月連続首位、9月のセダン販売(10/16)

本土からの不動産投資、17年は過去最高額(10/16)

中央企業売上高、1~9月は11%増の21兆元(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン