配車アプリ滴滴、年内に香港上場か

中国最大の配車アプリ「滴滴出行」を運営する北京小桔科技(滴滴)は、香港で新規株式公開(IPO)を実施する方針を固め、加重投票権(WVR)を認める議決権種類株式(別名デュアル・クラス・ストック)による上場も視野に入れているもようだ。23日付香港経済日報が消息筋の話…

関連国・地域: 中国-北京香港
関連業種: IT・通信金融・保険商業・サービス運輸・倉庫


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:マレーシアで、オースト…(06/20)

進む中国傾斜、債務膨張 返済維持も高まる「発言力」(06/20)

テイクオフ:中国では連日、W杯の盛…(06/20)

東芝、家電市場でトップ3へ 新商品投入を強化、生産拡張も(06/20)

米中貿易戦争、韓国に波紋 中間財の輸出が減少(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

米、中国製品22兆円に10%関税 貿易摩擦、報復合戦に(06/20)

個人所得税法の改正案、基礎控除額5千元に(06/20)

中国成都八益、首都郊外に大型家具卸売市場(06/20)

大湾区の1人当たりGDP、東京超えも(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン