埼玉など4自治体、ラオスの水道事業支援

国際協力機構(JICA)は21日、ラオスでの水道事業運営や管理能力を向上させる事業で、埼玉県、さいたま市、横浜市、川崎市と協力するための協定書を締結した。 JICAが水道分野の技術協力事業で自治体と連携協定を結ぶのは初めて。4自治体は、専門家の派遣や日本国内での…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済政治


その他記事

すべての文頭を開く

村の収支計画は上級政府の承認を=財務省(12/06)

アジアの20年昇給率4.9%に鈍化、NNA調査(12/06)

ビッグC、店舗増設などに来年は230億円(12/06)

ベトナム人のタイ旅行、代理店とSNS活用(12/06)

気候リスク指数で日本ワースト、比が2位(12/06)

メコン川が青色に、水位低下が原因か(12/05)

タイ、ノンカイ国境の24時間開放を検討(12/04)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン