テイクオフ:ターンテーブルに着くと…

ターンテーブルに着くと、香港の空港で預けたスーツケースが既に取り出され、整然と並べられていた。自分のものを確認して受け取り、税関の審査を通過。あっという間に空港を出発して目的地に向かうことができた。

先日一時帰国した際に到着した関西国際空港での一コマ。預けた荷物をターンテーブルから取り出してもらった経験は香港や中国本土の空港ではなかったから、さすが日本のサービスは違うな、とちょっと感動してしまった。作業していた係員によると、到着便が多いため、早めにターンテーブルから荷物を降ろさなければならない事情もあるらしい。

一方、香港の空港はこれが遅いように感じられる。ターンテーブルの前に立って荷物が出てくるまで30分かかり、待ちくたびれてぐったりしたことも。現状でも使いやすい空港とは思うが、改善されればその魅力は一層高まるだろう。(祐)


関連国・地域: 香港
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スタバ、利園3期に旗艦店オープン(13:46)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

5月のCPI上昇率2.1%、0.2P拡大(06/22)

IT5社の談合疑惑、審裁処で聴聞始まる(06/22)

HIBORに先高感、1カ月物は2%も(06/22)

反落、6カ月ぶり低水準に=香港株式(06/22)

奇華餅家が香港工場拡張、生産5割増強へ(06/22)

おにぎりの華御結、2年後に香港200店へ(06/22)

茘枝角をファッションハブに、羅氏集団(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン