• 印刷する

一般道のナンバー規制拡大、アジア大会前に

インドネシアのジャカルタ特別州政府は、8月18日~9月2日に開催されるアジア大会を控え、主要一般道への車両ナンバーによる乗り入れ規制の対象道路を拡大する方針を固めた。6月下旬に周知活動を行い、7月第1~2週に試験的に導入する。23日付地元メディア各紙が伝えた。

ナンバー規制の対象に加わる道路は、(1)Sパルマン通り―ガトットスブロト通り―MTハルヨノ通り―DIパンジャイタン通り―アフマッド・ヤニ通り―プリンティス・クムルデカアン通り(2)アルテリ・ポンドック・インダ(3)H.R.ラスナサイド通り(4)ベンヤミン・スエブ通り。毎日午前6時~午後9時まで実施する。

ジャカルタ警察交通課の関係者は、試験導入後の7月第3週に、渋滞状況などの評価・分析を行い、4週目には正式導入に踏み切る考えを明らかにした。

ジャカルタの一般道路では現在、スディルマン通り、タムリン通り、ガトットスブロト通りの一部で、偶数日には偶数ナンバー、奇数日には奇数ナンバーの車のみが通行できる。現在は平日の午前6時~10時、午後4時~8時に実施されている。


関連国・地域: シンガポールインドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:道路脇で、警官に交通違…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

大統領、バリ島でASEAN首脳会議に出席(10/16)

年内にダナモン子会社化実現 三菱UFJ銀の三毛頭取が会見(10/16)

今年の二輪車販売台数は7%増、協会予想(10/16)

日系企業の不動産事業が活発=コリアーズ(10/16)

首都の新交通取り締まりシステム、11月導入(10/16)

日イ通貨スワップ協定が発効、227.6億ドル(10/16)

為替参照1万5246ルピア、株価は反落(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン