• 印刷する

《日系進出》プラップジャパン、6月に現法設立

PR・広報戦略を手掛けるプラップジャパン(東京都港区)は22日、シンガポールに現地法人を設立すると発表した。東南アジア地域でのPR・マーケティング事業拡大を推進する。

新会社の名称はプラップ・シンガポール。資本金は25万Sドル(約2,060万円)で、プラップジャパンが100%出資する。設立は6月中を予定している。

同社はすでに中国に進出済み。東南アジア地域でのPR需要の高まりを受け、域内のハブであるシンガポールでの子会社設立を決めた。昨年7月には、シンガポールに駐在員事務所を設置していた。

プラップ・シンガポールでは、6月に設立予定のプラップジャパンの海外事業本部や現地の協業企業と連携しながら、独自サービスの展開を進めていく方針だ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

産学連携で5G研究施設を開所 シングテル、ドローンなど検証(01/18)

グーグル、オフィス拡張へ物件賃貸借交渉(01/18)

【アジア三面記事】呪われたスーツケース(01/18)

12月輸出額9%減、2カ月連続マイナス(01/18)

中国企業と組み信用評価にAI導入、BPI(01/18)

柔軟な働き方提供する企業、18年に上昇(01/18)

EAEUとの貿易協定、今年半ばまでに締結(01/18)

野村不動産、東京不動産と資本提携(01/18)

訪日シンガポール人、18年は過去最高更新(01/18)

NETS、屋台向けに同日清算サービス導入(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン