• 印刷する

《日系進出》プラップジャパン、6月に現法設立

PR・広報戦略を手掛けるプラップジャパン(東京都港区)は22日、シンガポールに現地法人を設立すると発表した。東南アジア地域でのPR・マーケティング事業拡大を推進する。

新会社の名称はプラップ・シンガポール。資本金は25万Sドル(約2,060万円)で、プラップジャパンが100%出資する。設立は6月中を予定している。

同社はすでに中国に進出済み。東南アジア地域でのPR需要の高まりを受け、域内のハブであるシンガポールでの子会社設立を決めた。昨年7月には、シンガポールに駐在員事務所を設置していた。

プラップ・シンガポールでは、6月に設立予定のプラップジャパンの海外事業本部や現地の協業企業と連携しながら、独自サービスの展開を進めていく方針だ。


関連国・地域: シンガポール日本
関連業種: メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:新しいサービスは積極的…(10/16)

ASEAN対米輸出が12%増 貿易戦争激化の7~8月に伸び(10/16)

協働ロボットで域内需要開拓 世界最大手UR、市場拡大に期待(10/16)

スマート街灯事業、STエンジが受注(10/16)

オマーンと2国間関係強化、2つの覚書締結(10/16)

9月の民間住宅販売、前月比51%増(10/16)

ハローキティカフェ、来年2月で閉店へ(10/16)

露サイバー防衛企業、国際本部を開設へ(10/16)

タイ星合弁、トンロー駅前でコンド開発(10/16)

台湾のバブルティー店、来月に1号店開業(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン