自動運転レベル3検討、実用化向け有識者委員会

【共同】高速道路などではシステムが全ての操作を担うが、緊急時は運転者がハンドルを握る「レベル3」の自動運転車について、警察庁は22日、実用化に向けた具体的な課題を検討するため、有識者による新たな検討委員会を立ち上げた。政府が4月にまとめた自動運転に関する制度整備…

関連国・地域: 日本
関連業種: 自動車・二輪車


その他記事

すべての文頭を開く

最賃改定で自動化対応に需要 ヤンゴン、繊維業見本市に130社(12/10)

ラオス民法典が成立 日本が支援、市場経済に下地(12/10)

【書籍ランキング】11月22日~11月28日(12/10)

ハウス食品、越でカレー事業 「カレー元年」日系各社も続々と(12/10)

有田みかん販促でPRイベント 有望市場向けの輸出拡大に期待(12/10)

パナ、マレーシア現法の開発力強化 新市場にらみ、新R&D拠点開所(12/10)

製造機器は日本ブランド信仰=ウズベキスタン(12/10)

ヤマハ、「ノザグランデ」19年モデル発売(12/10)

華為問題、中国が強く反発 カナダへの報復措置を示唆(12/10)

英BTが華為製品を排除、5Gの基幹分野で(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン