• 印刷する

インド企業、カイン州で小型車組み立てへ

ミャンマー東部カイン州(旧カレン州)の投資委員会は17日、インドのプレシジョン・オート・エンジニアズによる小型車組み立て工場への投資を承認したと発表した。2016年の国民民主連盟(NLD)政権発足後、同州での外国資本による投資は初めて。現地紙セブンデーが22日伝えた。

カイン州投資委員会のナイ・ウィン・ドー事務局長は「同社の小型車組み立て工場への投資を承認した。間もなく正式認可を付与する予定だ」と話した。

投資額は140万米ドル(約1億5,000万円)。プレシジョン・オートは、タイとの国境に近いミャワディ工業団地に製造・組み立て工場を建設し、小型車をセミノックダウン(SKD)生産する。

プレシジョン・オートは1969年、インドでボルト・ナットの製造会社として設立された。


関連国・地域: ミャンマーインド
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新会社法で8千社新規登録 施行5カ月、前年同期の2倍(01/16)

タイCPの食肉加工など、投資7件を認可(01/16)

ヒルトン、ヤンゴンで22年オープンへ(01/16)

上場FMI、新会社法に伴い社名変更(01/16)

ヤンゴン総合病院、320床のがん病棟新設(01/16)

国内の家畜数、鶏が7千万羽で最多(01/16)

地場製茶企業3社、中国南寧に販売店開設(01/16)

カチン州の政党、ダム開発で中国大使館に反発(01/16)

政府、宝石・金市場の開設委員会を再編へ(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン