北京のPM2.5濃度、4月は21%上昇

北京市環境保護局は21日、同市の4月の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は64マイクログラムで、前年同月から20.8%上昇したと発表した。大気汚染物質が飛散しにくい気象条件だったほか、冬季に行った生産制限・停止措置が3月に解除され、メー…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: 経済一般・統計社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

米産などのスチレン、AD措置を正式決定(06/22)

現マニラ空港は閉鎖も視野に トゥガデ運輸相、民間空港稼働後(06/22)

輸出指数が7年ぶり高水準 米中通商問題も楽観視大半(06/22)

中国の経済政策を徹底批判 米リポート、世界の脅威と主張(06/22)

大湾区計画の発表、再びずれ込みか(06/22)

技術移転の強制は歪曲、商務省が米国を批判(06/22)

マカティ地下鉄計画、比中連合に優先権(06/22)

中国企業、ミャンマーへの工場移転に関心(06/22)

中国製などの鉄鋼輸入制限、米が一部を除外(06/22)

政府、交通計画策定などで中国と覚書(06/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン