北京のPM2.5濃度、4月は21%上昇

北京市環境保護局は21日、同市の4月の微小粒子状物質「PM2.5」の平均濃度(1立方メートル当たり、以下同)は64マイクログラムで、前年同月から20.8%上昇したと発表した。大気汚染物質が飛散しにくい気象条件だったほか、冬季に行った生産制限・停止措置が3月に解除され、メー…

関連国・地域: 中国-北京
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

電子機器大手が生産移管の動き 台湾・中国企業、米中貿易戦争で(12/11)

テイクオフ:珠江沿いを走る広州マラ…(12/11)

自動車輸入、1~9月4%減 関税政策が影響、来年も低迷か(12/11)

中国産の豚肉輸入を一時停止、伝染病予防で(12/11)

中国の福田汽車、ベトナムに現法設立へ(12/11)

スタートアップの商品化を支援、科技園(12/11)

増値税の減税効果、半年で3千億元(12/11)

豪北部準州、中国との契約数突出(12/11)

米国大使に厳重抗議、華為問題で中国外務省(12/11)

中国通信2社の排除決定、日本政府(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン