• 印刷する

テイクオフ:毎朝会社に新聞を配達す…

毎朝会社に新聞を配達するデリバリーがある日、新聞を手渡した後で「写真を撮らせて」と、弊社従業員に新聞を持たせてスマホで撮影していた。一体何なんだ?と思うが、彼は多くを語らず、以来そんなやりとりが続いた。

だが、こちらは想像が付いていた。というのも、同じ新聞が2部届けられることが頻繁にあったことだ。配達員の怠慢だろう。そのために配達されない顧客もいたはずだ。未配の苦情を伝える顧客が日常的にいるので、配達会社はきちんと全顧客に1部ずつ配っていることを証明させるため、証拠写真を提出することを課したのだろう。だとすると、オーストラリア・ポストの配達員が、不在通知だけを投げ入れていくのと似た構図だ。

さてそれから1週間ほどたった頃、新聞は手渡されず、オフィスに投げ捨てられるようになった。見ると案の定、2部あった。(西嵐)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

インドネシアFTAが頓挫も、労働党が反対(16:42)

トール、会計部門の外注で330人を解雇(16:42)

テイクオフ:英国のハリー王子とメー…(10/16)

豪連邦、財政均衡前倒しか 赤字大幅減の見通し(10/16)

豪与党、農業人手不足解消の新ビザ案で二分(10/16)

〔政治スポットライト〕豪世論の支持率調査、労働党のリード続く(10/16)

エネ政策不安、AGLガス火発計画に影響か(10/16)

マッコーリー、オリジンの風力発電応札か(10/16)

豪政府系企業、恣意的発注や過剰供与が発覚(10/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン