豪連邦、州インフラ補助減額 過去5年間で最少の215億$

オーストラリア連邦政府ターンブル政権が、州・準州政府へのインフラ開発補助金額を減らしており、新年度(2018/19年度)予算案で示した今後4年間の歳出額が215億豪ドル(約1兆8,108億円)と、14/15年度以来の最少額となったことが分かった。14/15年度の予算案で示した285億豪…

関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:集合住宅である我が家の…(03/21)

トヨタ、工場跡地で水素生産 豪で初の水素補充施設に(03/21)

不動産ITツバイスペース、豪で事業展開へ(03/21)

豪10年国債利回り2%割れ、記録的低水準(03/21)

〔政治スポットライト〕保守連合、東部高速鉄道に向け本腰(03/21)

豪産炭業界、中国避けてインドで石炭販売も(03/21)

5分後の発電量は?電力当局が再生可エネ調査(03/21)

〔政治スポットライト〕「アジア人が雇用奪う」NSW野党党首が舌禍(03/21)

〔ポッサムのつぶやき〕オパールカードの上限、週50$に引き下げへ(03/21)

ウエストパック、金融アドバイス事業を閉鎖(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン