• 印刷する

テイクオフ:自動運転車と聞くと真っ…

自動運転車と聞くと真っ先に浮かぶのが、米テレビドラマ「ナイトライダー」に登場した通称「キット」こと「ナイト2000」。頼りがいがあり、冷静でいてユーモアもあるドリームカーの駆ける姿に、当時は夢中になった。

今や夢ではなくなった自動運転。台湾でも実現に向けた実証実験が始まっている。といってもこちらは自動運転バス。仏ベンチャーが開発したかわいらしいボックス型のEVバスの乗り心地はいかにと、試乗体験に出かけた。

大学構内の敷地を利用しての実験だったためか、時速10キロ程度のゆったり走行。草むらや木のそば、停車中の車の横などを通り抜ける際にはセンサーが働き、さらに減速する。安全だけど少し物足りない、と思ってしまうのは件のドラマの影響か。

音声対話が搭載され、乗客と会話ができると、また親しみがわいてくるかも。未来の車の姿にしばし妄想を膨らませた。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:自宅の隣で、数カ月前に…(09/19)

「統一」が「現状維持」超過 基金会調査、「独立」は下降続く(09/19)

中租控股、金融セルカードの60%株取得(09/19)

裕隆の苗栗第2工場建設、環境アセス初審通過(09/19)

達邦が生産増強、印工場は20年下期に量産へ(09/19)

家電の声宝、台南工場が19年末に完成(09/19)

ボルト・ナットの生産額、18年は過去最高も(09/19)

雄獅傘下の欣食旅、レストラン出店を加速(09/19)

桃園空港MRT沿線の不動産価格、9駅で上昇(09/19)

NCC、フェイクニュースの罰金倍額に(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン