• 印刷する

テイクオフ:自動運転車と聞くと真っ…

自動運転車と聞くと真っ先に浮かぶのが、米テレビドラマ「ナイトライダー」に登場した通称「キット」こと「ナイト2000」。頼りがいがあり、冷静でいてユーモアもあるドリームカーの駆ける姿に、当時は夢中になった。

今や夢ではなくなった自動運転。台湾でも実現に向けた実証実験が始まっている。といってもこちらは自動運転バス。仏ベンチャーが開発したかわいらしいボックス型のEVバスの乗り心地はいかにと、試乗体験に出かけた。

大学構内の敷地を利用しての実験だったためか、時速10キロ程度のゆったり走行。草むらや木のそば、停車中の車の横などを通り抜ける際にはセンサーが働き、さらに減速する。安全だけど少し物足りない、と思ってしまうのは件のドラマの影響か。

音声対話が搭載され、乗客と会話ができると、また親しみがわいてくるかも。未来の車の姿にしばし妄想を膨らませた。(優)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾において選挙とは、…(11/19)

ATP「切」でも自動で減速 19年末に導入、台鉄が事故防止策(11/19)

緯創、インドに第3工場建設(11/19)

高雄にAI人材の育成拠点、12月設置(11/19)

広達など3社、台湾初のAIスパコン発表(11/19)

パネル応用市場、車載用など3分野で成長(11/19)

「2年内に台湾でトップ5入り」、好調vivo(11/19)

台湾、豚コレラ発生で日本産豚肉の輸入を禁止(11/19)

インフルワクチン変色、仏メーカーが原因を報告(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン