• 印刷する

内政部、半年間にわたる工場安全性検査計画策定

台湾内政部(内務省)は、化学物質を扱うなど安全上リスクの高い工場に対する検査を強化するための実施計画を策定した。経済部(経済産業省)や労働部(労働省)、行政院環境保護署(環保署)など5省庁共同で、半年間にわたり各工場で消防法令などに違反していないかをチェックする大掛かりな検査となる。21日付中国時報が伝えた。

車載用プリント基板(PCB)世界大手、敬鵬工業(チンプーン・インダストリアル)の桃園市平鎮区の工場で4月に発生した火災を踏まえ、行政院(内閣)は化学物質のある工場への全面調査を行う方針を提示。行政院の指示を受け、内政部が具体的な調査内容を精査していた。

計画では、PCB工場のほかにも、半導体や光電、石化、繊維といった産業にも調査対象を拡大する。主に、◇消防法令◇危険物質の申告の実施◇職業衛生安全法令◇毒性化学物質管理弁法◇建築法規――の各法規に違反していないかが調査の主眼となる。

化学品を製造、または原材料として使用している工場に対しては、物品の保管場所や保管状況の適切さに調査の重点が置かれる。また、労働部は、毒性の高い「第三類毒化物」がある危険度の高い場所での勤務体制に関する労働検査を実施するとした。

調査の結果、消防法違反が認められた工場に対しては2万~10万台湾元(約7万4,000~37万円)の罰金が科される。改善命令に従わず再度罰則が必要と判断された場合、30日間の操業停止処分が下される。


関連国・地域: 台湾
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「“韓流”旋風に乗って…(03/21)

2月の輸出受注額は11%減 スマホ不振受け4カ月連続マイナス(03/21)

公共通信設備の中国企業への発注、行政院は否定(03/21)

欣銓の全智買収、全智内でインサイダーの疑い(03/21)

ステンレスの允強、トルコに工場建設決定(03/21)

富士製薬工業、製薬の美時と資本業務提携(03/21)

家具各社が生産拠点分散、米中リスク回避で(03/21)

ヤマハ発動機、部品調達で東佑達に出資(03/21)

正新創始者が死去、世界的タイヤブランド創立(03/21)

7―11の無人店出店、統一超「当面見合わせ」(03/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン