• 印刷する

大卒求職者の7人に1人、「自殺考えた」

若年層(15~29歳)の失業率が高止まりしている韓国で、4年制大学を卒業した求職者7人のうち1人が過度のストレスから一度は自殺を考えたことがあるという調査結果が出た。

ソウル大学のチョン・ヒヨン精神健康学科教授チームが4年制大学を卒業した求職者124人を対象に行った調査結果によると、19人(15.3%)が「自殺を考えたことがある」と回答。「重度のうつ病を患ったことがある」と回答した求職者も49人(39.5%)に上った。特に、文系出身や学資ローンを抱えている求職者の間で、ストレスを強く感じる傾向がみられるという。

チョン教授チームは、「大卒求職者のメンタルヘルスに対する社会的な関心とケアの拡大が求められている」としている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

現代自、小型SUVべニューを印で初生産か(17:32)

ルノーサムスン、クロスオーバー車投入へ(18:16)

韓国のPM2.5濃度は世界4位、OECD(17:55)

テイクオフ:韓国サッカー界にBTS…(03/25)

アイリスオーヤマが新工場 送風機生産、ネット需要取り込み(03/25)

越ビングループに10億ドル出資へ、SK(03/25)

製造業の雇用急減、造船・車部品が不振(03/25)

韓国の仁川港湾公社、HCM市に事務所開設(03/25)

エリオットの配当案が否決、現代自株主総会(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン