最低賃金、労働団体は44ドルに増額提案

民主派労働団体の香港職工会連盟(職工盟=HKCTU)は20日、最低賃金の時給を現在の34.5HKドル(約490円)から44HKドルに引き上げるよう提案した。HKCTUは最低賃金について、1人当たりの域内総生産(GDP)の変動やインフレ率を参考に見直すべきだと訴えた。21日付明報…

関連国・地域: 香港
関連業種: 雇用・労務政治


その他記事

すべての文頭を開く

定期金利の引き上げ活発に 香港銀行、プライムレート上昇も(06/20)

華僑銀、大湾区での利益を5年で2倍へ(06/20)

続落、米中貿易摩擦の懸念広まる=香港株式(06/20)

大湾区の1人当たりGDP、東京超えも(06/20)

資金難の海航集団、香港の金融部門を解散(06/20)

5月の空港統計、旅客はプラス維持(06/20)

キャセイの5月旅客数、観光閑散期で微減(06/20)

珠江船務、大湾区商機にらみ戦略展開(06/20)

深センに呼び出しバス登場、5分で乗車可能(06/20)

3~5月の失業率、横ばいの2.8%(06/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

出版物

各種ログイン