• 印刷する

ネイバー、スマートシップ事業に進出

韓国IT大手のネイバー、造船大手の大宇造船海洋、米インテルの韓国法人の3社は、共同で「スマートシップ(賢い船舶)」事業に乗り出す。3社は21日、業務協約を結んだ。

インテルのモノのインターネット(IoT)を活用して航海中の情報をリアルタイムかつ目的別に収集・分析できるシステムを構築する。これらの情報は、船内にある設備の制御・監視に役立てるほか、ネイバーのクラウド技術を通じて陸上の管制本部にも伝送する。管制本部で蓄積されたデータは、将来発生し得るリスクを予見して安定的な運航につなげられるように活用する。

3社が開発するサービスは開放型とし、国内の中小企業と協力して改良していく。

ネイバーは、「弊社のクラウド技術がゲーム分野だけでなく、造船・海運といった国の基幹産業に活用されるところに意味がある」とコメントしている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

フェローテック、韓国関連会社が法違反起訴(16:04)

国産戦闘機向け部品の加工開始、KAI(16:04)

ハンファ、トルコの太陽光事業から撤退か(16:04)

デジタル印刷に商機あり オフセットからの転換需要が拡大(02/15)

23年に売上2兆円、韓進が経営刷新案(02/15)

現代自「エラントラ」19年モデル生産開始か(02/15)

現代・起亜自の新卒採用、各部署で随時に(02/15)

自動車3社、投資に向け優遇措置を求める(02/15)

文大統領が釜山訪問、スマート都市造成(02/15)

サムスンが新技術、ブロックチェーン関連で(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン