• 印刷する

ネイバー、スマートシップ事業に進出

韓国IT大手のネイバー、造船大手の大宇造船海洋、米インテルの韓国法人の3社は、共同で「スマートシップ(賢い船舶)」事業に乗り出す。3社は21日、業務協約を結んだ。

インテルのモノのインターネット(IoT)を活用して航海中の情報をリアルタイムかつ目的別に収集・分析できるシステムを構築する。これらの情報は、船内にある設備の制御・監視に役立てるほか、ネイバーのクラウド技術を通じて陸上の管制本部にも伝送する。管制本部で蓄積されたデータは、将来発生し得るリスクを予見して安定的な運航につなげられるように活用する。

3社が開発するサービスは開放型とし、国内の中小企業と協力して改良していく。

ネイバーは、「弊社のクラウド技術がゲーム分野だけでなく、造船・海運といった国の基幹産業に活用されるところに意味がある」とコメントしている。


関連国・地域: 韓国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

サムスン電子、「エクシノス」の新ロゴ公開(18:17)

クラークで2カ所目の免税店、韓国系施設に(18:26)

チャバイオ、米国子会社をアステラスに売却(18:18)

テイクオフ:「休みでも家事や育児で…(06/26)

鉄鋼業界に新たな頭痛の種 行政と対立、汚染物資排出めぐり(06/26)

経済成長率2.4%、政府系機関が予測引下げ(06/26)

中小企業の9割、下期投資拡大せず(06/26)

高島屋、ハノイ郊外の開発事業に参画(06/26)

SBI貯蓄銀行、モバイルサービス開始(06/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン