スマートシティー構想に課題 基本計画なく、都市機能低下も

カンボジアの複数都市が、スマートシティー(環境配慮型都市)化を目指している。周辺国に比べて割高な電気代や道路・水などのインフラが整えば投資誘致につながるが、カンボジア政府などによるマスタープラン(基本計画)や法整備の策定は進んでいない。専門家は都市の一部を改善…

関連国・地域: カンボジア
関連業種: 建設・不動産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

EC法と消費者保護法、閣僚評議会で承認(07/16)

太陽光発電事業4件、閣僚評議会で承認(07/16)

首相、外国からのごみ輸入禁止の方針を表明(07/16)

シアヌークビルに中国領事館開設へ(07/16)

シエムレアプの新空港事業、中国企業が落札(07/15)

1~6月のコンド供給、7割が低価格帯(07/15)

上半期税収は15億ドル、通年目標の6割突破(07/15)

ケップ州に観光港建設、リゾート構想の一環(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン