• 印刷する

テイクオフ:貧しいポーターが州政府…

貧しいポーターが州政府の役人になる――。南部ケララ州の鉄道駅で働く男性が公務員試験に合格したことが、インドで話題になっている。前代未聞のサクセスストーリーはどうやって実現したのだろうか。

男性によると、中央政府の進める行政サービスの電子化政策「デジタル・インディア」が重要な役割を果たしたという。主要駅に無料ワイファイを整備する政策のおかげで、公務員試験の教材や参考書をただで入手できた。「無料の授業を受けたようなもの」と話す。

最近のインドではインターネットの利用が幅広い層に広がる。オンラインビジネスを手掛ける起業家や、ネット上で安く授業を受ける学生がいる。小さな町に暮らすダンサーや歌手、俳優たちは、自らのパフォーマンス動画をネットに投稿して収入を得ている。こうした人々にとって、ネットがもたらす恩恵が大きいことは間違いない。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

17年の結核患者1千万人、30年終息遠い=WHO(09/20)

テイクオフ:デリー市内で一番大きい…(09/20)

インド製炊飯器を日本へ輸出 パナ、30年で累計生産1000万台(09/20)

中国のワンプラス、スマートTV開発へ(09/20)

アディティヤ衣料部門、女性下着市場に参入(09/20)

【予定】20日 東京ゲームショウ2018ほか(09/20)

衣料通販ミントラ、モールへの出店を検討(09/20)

【訃報】鳥羽雄一氏(元日本カーボン社長)ほか(09/20)

アマゾン、デビットカードで分割払い可能に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン