• 印刷する

テイクオフ:貧しいポーターが州政府…

貧しいポーターが州政府の役人になる――。南部ケララ州の鉄道駅で働く男性が公務員試験に合格したことが、インドで話題になっている。前代未聞のサクセスストーリーはどうやって実現したのだろうか。

男性によると、中央政府の進める行政サービスの電子化政策「デジタル・インディア」が重要な役割を果たしたという。主要駅に無料ワイファイを整備する政策のおかげで、公務員試験の教材や参考書をただで入手できた。「無料の授業を受けたようなもの」と話す。

最近のインドではインターネットの利用が幅広い層に広がる。オンラインビジネスを手掛ける起業家や、ネット上で安く授業を受ける学生がいる。小さな町に暮らすダンサーや歌手、俳優たちは、自らのパフォーマンス動画をネットに投稿して収入を得ている。こうした人々にとって、ネットがもたらす恩恵が大きいことは間違いない。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国の羅照輝・駐インド…(11/19)

航空大手3社の2Q決算赤字 燃料コスト増加やルピー安が影響(11/19)

緯創、インドに第3工場建設(11/19)

デリー空港で滑走路保守、1日100便欠航(11/19)

高速鉄道公社、日本語研修プログラムを導入(11/19)

現代自の罰金支払い、最高裁が差し止め(11/19)

独VWに保証金支払い命令、国家環境裁(11/19)

M&M、イスラエル企業と農業技術の合弁(11/19)

インドの格安航空インディゴ、マ市場に参入(11/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

各種ログイン